動物とゲームとロックが好きな三十路の日記
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/24
2010 Wed
フィギアの未来
浅田真央選手、ショート2位。
なんなの?審査員はバカなの?としか言えない。
誰なのこのキチガイルール作ったやつ出てこいや。
難易度の高い技に挑戦して成功した<無難に終わらせたってどういう事?
男子の時に感じた事ですが、
難易度が高い4回転をリスクを承知で飛んで成功のと
失敗すると減点が怖いので無難に3回転を飛んだ
後者の方で金メダルが取れるのであれば誰でも後者にします。
今回の女子にも当てはまりますよね。
オリンピックですよ?スポーツですよ?
人間の限界を競い合うはずの祭典が、
クソルールのせいで台無しになっていると思います。
このようなルールのままでは誰も4回転に挑まず、
無難に3回転を綺麗に着氷するのが定着してしまいます。
これじゃ女子フィギアと変わりないですよ?
フィギア界の将来が不安ですね。
プルシェンコは自分が4回転成功したのに何で銀なの?金くれよ
ではなく、このままではフィギアが進化する事はないと言ってるのです。
真央ちゃん、フリーでも今のルールに流されずに3Aに挑んで下さい!!!
それからプルシェンコ、がんばれ!
4年後にもう1度4回転決めてその他の演技もきっちり決めて金とったれ!



補足

現在のルールでは4回転を飛ぶよりも、
3回転の完成度を上げた方が得点が高いのです。
GOEだか何だかという前回のオリンピック後にできたクソルール。
キムヨナ選手の過去最高と言われる高得点も
このクソルールであったからこそ。
大技がなくても高得点が叩き出せるルールです。
このルールで思い出したのがゆとりという言葉。
運動会でみんな1等賞だよとか言ってるのと同じに感じました。
競争してんだよね?バカなの死ぬのて感じです。

Comment

管理人にのみ表示


copylight © 日記. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。